初診の方

再診の方

三軒茶屋の歯科 口コミ・評判の歯医者
ドクターズファイル
ボックスのボトム

ホワイトニング

オフィスホワイトニング (歯科医院で施術)

☆アロマの香る個室で輝く白い歯に☆
当院では最新のホワイトニングシステム「BEYOND」を用いて専門のスタッフが安全で確実に施術を行います。

オフィスホワイトニングは歯科クリニックにて行われるホワイトニングの事で、ホワイトニング剤に光を照射して短期間で治療が済み、いち早く効果を実感できるというのが特徴です。なお、最近では、正面から見える歯を全部(上 6 ~ 8 本、下 8 ~ 10 本) 一度に照射できるライトが主流です。

  • オフィスホワイトニングはすべて同じと思っていませんか?
  • オフィスホワイトニングではホワイトニング剤の効果を高めるため「ライト」を使用します。

このライトにはいくつもの種類がありますが、中には危険なもの効果の低いものもあり、全く予備知識のない状態でクリニックへ駆け込むのは無謀だと言っても過言ではありません。

 ホワイトニングに用いられる様々なライト

(1) 効率の悪いライト:従来のライト

ホワイトニングに使用するライトとして、従来は主に「詰め物」を固める為に用いられる光を使用していました。こちらは、一つ一つの歯しか光を当てることができず、非常に時間がかかり非効率です。また、一つの歯に約 30 分という時間を光を当てると、 18 本の歯にホワイトニングをする場合、 9 時間もかかる計算になり、物理的に光を当てる時間が短くなり、効果も激減します。

(2) 危険なライト:「紫外線」

「紫外線」は、非常に強い熱を出し、 UV も発生します。歯の神経は、特に熱に弱く、長時間熱を与えると歯の神経に損傷を与えます。また、日本人は体質的にメラニンが多いので UV を含んだ紫外線を当てることにより、メラニン色素沈着が発生するリスクも高まります。これを少しでも抑えるためには非常に大変な防御 ( 左の写真参照 ) をしないといけません。歯が熱い!と感じたら要注意です。

(3) 効果の低いライト:「 LED 」

「 LED 」はサイズがコンパクトなことで最近非常に多くの場所で使用されています。 LED は発熱も少ないので安全ですが、これはライトのパワーが弱いためです。当然、弱いパワーはホワイトニング効果に影響します。

(4) 安全かつシンプルなライト:「ビヨンドライト」

ビヨンドライトは、パワーの強いハロゲン光を使用しており、特許取得済みの特別なフィルターで、この強いパワーを維持しつつ、熱を抑制していますので、非常に安全です。 (2) で御紹介した「紫外線」の防御の写真と比較すると、ビヨンドライトを用いると、マウスピースを口に装着するだけで簡単にホワイトニングにのぞめるのが御理解いただけると思います。

参考文献:輸入元:㈱JBA ビヨンド

ビヨンドシステムのオフィスホワイトニングの手順

ビヨンドライトを用いたオフィスホワイトニングはビヨンドシステムを導入している歯科クリニックにて行われます。ビヨンドシステムによるオフィスホワイトニングでは、はじめに十分に納得のゆくまでカウンセリングをし、ホワイトニングする為の検査をしてから治療に入ります。

カウンセリングを終えた後、歯の汚れを除去し薬剤を歯に塗布します。その後、右図のような形で、熱を発しない安全な光を照射します。歯の汚れを除去して光照射が済むまで大体平均約 45 分間程度で終わります(照射時間には個人差があり、必ずしもその限りではありません)。

参考文献:輸入元:㈱JBA ビヨンド

薬剤と疼痛感

ビヨンドシステムのオフィスホワイトニングでは、「過酸化水素」というホワイトニング剤を使用します。
歯のホワイトニングは、その主成分である過酸化水素が歯の中の着色物質を分解することです。薬剤の濃度は効果に直接に関係しており、濃度が高いほど効果がありますが、同時に、エナメル質の脱水症状と考えられる「痛み」が出る事があります。そのホワイトニング剤(過酸化水素)が着色物質を分解すると同時に歯の中の水分バランスも崩し、一時的に脱水状態にするのではないか、と考えられており、この状態が「疼痛感」となります。歯の中の水分状態は人によりまちまちで、歯の大きい人と小さい人では全く異なります。つまり、人によって「疼痛感」が異なるのです。この「疼痛感」は、全く歯に影響ありませんので安心してください。

こんな方にオススメです。

  • 短期間で歯を白くしたい。
  • 大切な行事(結婚式、成人式、パーティーなど)までに白くしたい。
  • ホームホワイトニングをするのが面倒。
  • いままでホワイトニングをしたが、納得いく色にならなかった。

参考文献:輸入元:㈱JBA ビヨンド

ホワイトニングの安全性について

ホワイトニング安全性

オフィスホワイトニング(歯科医院で施術)では、「光」を使用しますが、この「光」による問題が意外と軽視されています。ホワイトニング材の主成分である「過酸化水素」は「熱」により活性化されますが、生活歯を対象とするホワイトニングでは、その「熱」による歯髄への影響を必ず考慮する必要があります。アメリカやヨーロッパでは、特に、高熱を発する「紫外線」や「プラズマ」などのライトを使用してホワイトニングを行い、そのライトが評判になっていますが、一般的に欧米人と比較してエナメル質(歯の表層)が薄い日本人の場合、歯髄が熱の悪影響を受けるリスクが非常に高まります。

過酸化水素によるホワイトニングの安全性はすでに確認されていますが、その活性化の為に使用する「光」の種類によってはあまり効果が期待出来なかったり、逆に歯牙へのリスクを高めることもあります。特に、紫外線については、高熱を発すること、UVの問題があり、ホワイトニングに使用することは非常にリスクが高いことを十分に理解しておく必要があります。
BEYOND システムは紫外線ではなく可視光線を使用しているので安心してホワイトニングすることが可能となりました。

参考文献:輸入元:㈱JBA ビヨンド

ージの上部へ

安全性の比較

光の種類 光の特徴

ハロゲン ※1 )

効果高い。発熱ある。
ビヨンドは特許取得済みの特殊フィルターにより発熱抑制。

メタルハライド
(紫外線)

効果高いが、非常に高熱で皮膚にあたると火傷やメラニンのリスクあり

LED

若干の発熱あり。光量はやや劣るため効果はうすい。

キセノン
(プラズマ)

強い発熱あり。機械が高いので治療費が高いことが多い。

※ 1 )ビヨンドはパワーの強いハロゲン光を使用していますが、特許取得済みの特殊フィルターで、強いパワーを維持しつつ、熱を抑制していますので、安全面でも安心です。

参考文献:輸入元:㈱JBA ビヨンド

ホームホワイトニング( ご自宅で行う方法)

ご自宅でできるホームホワイトニングの使用方法です。

個人差にもよりますが、 2 ~ 3 週間で輝く白い歯になります。


ホームホワイトニングの使用方法
STEP1

注意事項などの説明を受けます。

STEP2

口腔全体の診査と適応症についての確認を受けます。

STEP3

歯科医師または歯科衛生士により、前処置としての機械的歯面清掃が行われます。

STEP4

歯の色の診査を行います。

STEP5

あなたの印象採得(歯型をとること)を行います。
この印象を用いてジェルの歯の面に保持するためにあなた専用のマウストレーを作製します。

STEP6

ジェルをマウストレーに注入し、装着します。


その後、1日1回寝る前にマウスを装着。1週間ごとに経過を見ていきます。
※ホワイトニングの効果には個人差があります。

D.O.S.P パーフェクトホワイトニングコース(歯科医院とご自宅、両方で行います)

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行なう方法です。
お互いの方法の長所をいかしたやり方で、まず最初にオフィスホワイトニングを行ない、ある程度一気に白くさせた後、ホームホワイトニングも開始し、じっくりと白くしていきますので、手に入れた白さを長期間維持することができます。

こんな方にオススメです。

パーフェクトホワイトニングコース

① 一日でも早くより白い歯を手に入れたい

② そのうえ、白さを一日でも長く保ちたい

③ 結婚が決まったあなたに

ホワイトニングQ&A

Q1. ホワイトニングは痛くないの?

A.歯のホワイトニングで一時的に「疼痛感」が出る方がいます。通常、 24 時間以内になくなりますので安心してください。

歯のホワイトニングは、その主成分である過酸化水素が歯の中の着色物質を分解することです。そのホワイトニング剤(過酸化水素)が着色物質を分解すると同時に歯の中の水分バランスも崩し、一時的に脱水状態にするのではないか、と考えられており、この状態が「疼痛感」となります。この脱水症状は、過酸化水素の化学分解によるものですので、ほとんど避けることはできません。歯の中の水分状態は人によりまちまちで、歯の大きい人と小さい人では全く異なります。つまり、ひとにより、「疼痛感」が異なります。これは、全く歯に影響ありませんので安心してください。

一般的には、ホワイトニング効果とこの「疼痛感」は比例しています。ホワイトニング効果を出すためには、ホワイトニング剤をできるだけ長い時間歯の上においておく必要がありますが、その分、歯の中の水分バランスもより崩れて「疼痛感」が強くなります。

Q2. 一度のホワイトニングで大丈夫なのでしょうか?

A.初めてホワイトニングを受けられた方は、どんなに綺麗になっても短期間(約 1 週間)で着色が認められるようになります。

これは歯の表面に少し着色することによるもので、その後再度ホワイトニングをするとその着色が取れさらに綺麗になります。ホワイトニングは回数を重ねたほうがより「白さ」の定着率がよくなります。

Q3. 「 20 分で完了」するオフィスホワイトニングがあるようですが、違いは何ですか?

A.基本的に、ホワイトニング材の効果は、ホワイトニング材が歯の表面についている時間に比例します。

20 分でも色の変化は認識できますが、時間をもう少し長くしたほうがより効果が出ます。しかし、 30 分を超えると刺激が出るようになります。( Q1. ホワイトニングは痛くないの?をご参照ください)

Q4. ホームホワイトニングキットはどこで購入できるのですか

A.日本では店頭で直接のご購入はできません。

日本では、「医療機器」の扱いとなるので、歯科医師を通して「治療」として行われます。カウンセリングを行いホームホワイトニングに使用するマウスピースを作るための歯型をとり、ホームホワイトニングキットをお持ち帰りいただく事になります。

Q5. すべての人にホワイトニングの効果があるのですか

A.歯のホワイトニングで、歯の色は必ず改善します。しかし、誤解をしないで下さい。すべての歯が真っ白になるとは限りません。すべての歯が同じように白くなるとは限りません

 ホワイトニングを受ける前に、ご自身の歯がどのように改善する可能性があるかご相談してください。

Q6. ホワイトニングの人体への影響は大丈夫ですか

A.過酸化水素や過酸化尿素を主成分とするホワイトニング剤は歯科医師により正しい使用をする限りは安全です。

開発されたアメリカでも数十年の歴史の中で問題となった事例が出ていません。 しかし、その効果の最大化を求めるあまり、高濃度の薬剤を使用したり、非常に強い熱を発する「光」を使用すると歯やその周辺組織に損傷を与える可能性があります。特に、ホワイトニング剤を活性化させるための「光」として「紫外線」を使用した場合は注意が必要です。「紫外線」を長時間、繰り返し照射すること による影響としては、
 1. UV による皮膚の影響
 2. UV による歯肉のメラニン色素沈着(歯茎が黒くなる)の可能性
 3. 強い発熱による歯の神経(熱に非常に弱い)への影響

が考えられます。

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチとは、歯の神経 ( 歯髄 ) を取った後に歯の中に歯を白くする薬剤を入れ、変色した歯を白くする方法です。

歯の中にホワイトニング剤 ( 多くの場合、過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを混ぜた薬剤が用いられます ) を入れ蓋をして、数週間待ち、歯が白くなった段階で蓋を取り中の薬剤を除去して、最終的な蓋をします。

メリット・デメリット

神経が死んでしまった歯に対しては通常のホワイトニングではあまり効果がない場合がありますが、そのような歯に対してでもウォーキングブリーチを行えば歯を白くすることが可能となる場合があります。

ウォーキングブリーチでは歯の裏に穴を開け、そこに歯を白くする薬剤を入れて歯の内部から白くしていきます。 その後、歯が白くなったら蓋をあけて中の薬剤を除去し、最終的な蓋をします。

しかしこの方法は、歯に穴を開けなくてはならないことや、歯の中にガスが溜まって歯が割れやすくなってしまう可能性があるなどのデメリットもあります。

インターナルブリーチ

インターナルブリーチとは、歯の中に薬剤を入れてホワイトニングを行う方法」の総称で、様々な方法があります。 ( ウォーキングブリーチングも含まれます )

インターナルブリーチの中には、ウォーキングブリーチのように歯の中に薬剤を入れたままにするのではなく、歯科医院でホワイトニングを行う時にだけ薬剤を入れておいて、帰宅時には取り除く方法もあります。

この方法の場合には歯の中にホワイトニング剤を入れたままにはしないので、ウォーキングブリーチのデメリットである「歯の中にガスが溜まって歯が割れやすくなってしまう」という心配がなくなり、色の調整もしやすいというメリットがあります。

歯肉ピーリング

歯ぐきが黒ずんできて、笑ったときに目立ってしまうことってありますよね。歯肉ピーリングとは、そういった歯ぐきの色が黒く変色してしまったとき、元通りのきれいなピンク色に戻す審美治療です。

術前 塗布直後

塗布 30 分後 術後

原因

原因はさまざまですが、一番多いのは、歯の変色と同じで、喫煙や色素の強いものを食べたり飲んだりすることによって、徐々に黒くなってきます。また加齢や、歯にかぶせている冠の金属の色が透けることもあります。

施術方法

1.レーザーによるもの
2.薬液のよるもの(ケミカルピーリング)

痛みなどは?  

処置を行った日は、少しピリピリすることもありますが、翌日にはほとんどの場合治ります。また、薬剤も安全なものを用いていますが、アレルギーなどがある方は事前に歯科医師にご相談ください。

治療期間

現在の状態により違ってきますが、多くの場合 1 ~ 2 週間できれいなピンク色になります。通院は 2 回ほどです。

ホワイトニングの料金

詳しくは料金表「ホワイトニング」をご覧ください。