自衛隊中央病院前バス停目の前 世田谷区池尻1-7-14-1F

マウスガード

マウスガードとは

口腔外傷を防ぐためのいわばプロテクターで、弾力性のある軟らかい材料からできております。 かつてはマウスピースと呼ばれており、ボクシングやアメリカンフットボールの様なコンタクトスポーツでは早くから義務化されております。マウスガード材料自体が、外部からの衝撃を吸収することで口の粘膜や歯を保護する役割をはたします。

マウスガードは、主に既製品と歯科医院で製作するオーダーメイドの二種類があります。 市販品はスポーツ用品店などで入手出来ますが、適合させるのが困難です。そのため違和感が強くでたり、外れやすいなどの不具合を生じやすいのです。

歯科医院で製作する
オーダーメイドのマウスガード

一方、歯科医院で製作するオーダーメイドのマウスガードは、本人の口にあわせて適正な適合と噛み合わせを考慮して作られます。適合性が良いのでプロテクターとしての能力も既製品に比べ格段に違います。また既製品に比べ違和感が少ないですので入れていてもさほど苦痛に感じません。

ただ、違和感が全く無いなどということはありませんので、練習の時から慣れておくことが必要かと思います。また、口腔外傷は試合のときだけではなく、練習の時にも多く起こっています。「試合に間に合えば良いや」とギリギリに作りに行くのではなく、すぐにでもマウスガード作製に歯科医院へ行くことをお勧めします。

マウスガードの種類

ストックタイプ

既製品で個々の歯にあった形でないものかんでいないとすぐおちるスポーツ店で100円から500円程度。

ボイルアンドバイトタイプ

既製品だが、あっためて自分で歯にあわせる500円から3000円程度いろいろ工夫がこらされているものもある歯にあわせるにはテクニックが必要で、普通はあまりうまくいかないです。

オーダーメイドタイプ

歯科医が歯型をとってそれにあわせて作る方法は各種あるが、ビニールシートを吸引や圧接して作ることが多い5000円から数万円までです。

ラミネートタイプ

ビニールシートを吸引するだけでは厚みの調整ができないので、何枚かのシートを組み合わせて厚みや強度を調整できるようにしたもの厚みの調整、異なる硬さの材料の組み合わせ、ネームをいれられ、最近の流行でオーダーメイドタイプよりも高めの料金です。

どれがいいかは値段に大きな開きがあるので何を求めるかだが、怪我の予防・使いやすさといった面からいうと、オーダーメイド・ラミネートタイプが歯にあった形なのではずれにくく、そのため大きさも小さくできる。結果として違和感の少ないものになるといったメリットがあります。

オーダーメイドの
マウスガード作製の流れ

① 型取りをします-上下顎
② 噛み合わせを取ります
③ 模型の製作します
④ マウスガード作成します
⑤ 口腔内での咬合調整
⑥ 容器と注意書と共にマウスガードをお渡しします

マウスガードの着脱方法

① マウスガードをはめるときは、前歯から入れます。

② マウスガードの取り外しは、両方の奥歯のところをつかんで行います

マウスガードの洗浄、保管方法

① マウスガードを使用後は必ず流水で汚れを洗い流す。

② 変形の原因となる。高温の湯を使用しない。

使用上の注意点
  • 試合中だけではなく練習中から使用しましょう。練習中にも外傷は起こり得ます。また装着感になれておくことが必要です。
  • それ以上に長時間の装着はしない。
  • 必要以上にかみしめない。
  • 専用の容器に入れて保管する。
三軒茶屋の歯医者、デンタルオフィス世田谷公園

〒 154-0001
東京都世田谷区池尻1-7-14 アントレパルクビル1F

自衛隊中央病院前バス停目の前

診療時間
09:00-13:00
15:00-21:00-

★隔週になります

三軒茶屋の歯医者、デンタルオフィス世田谷公園の電話番号