初診の方

再診の方

三軒茶屋の歯科 口コミ・評判の歯医者
ドクターズファイル
ボックスのボトム

リラックス歯科外来

リラックス歯科とは???

患者様は様々な悩み、状態を抱えています。

これまで大学病院で歯科麻酔科といった特殊な科で治療にかかわってきました。ここでは、笑気麻酔はもちろん、静脈内鎮静、全身麻酔をかけてきました。

リラックス歯科

リラックス歯科は、
①歯科恐怖症
②嘔吐反射の強い方
③全身疾患のある方
④長時間のインプラント処置
⑤お子様
⑥障害者

など通常の治療は出来ない患者様に笑気や薬でリラックス状態にし治療を受け入れやすくするといった治療方法です。

笑気麻酔

効果

笑気麻酔

笑気麻酔は中枢神経の機能を抑制しますが、呼吸や循環、反射機能は抑制されませんので患者さんの意識は保たれた状態にあります。恐怖心や不快感といった精神的ストレスから解放され、穏やかでリラックスした状態になります。

局所麻酔などの刺激に対して痛みはあまり感じなくなります。時間の経過も気にならなくなるので治療時間が長くなっても受け入れることができます。

実際に患者さんが経験する状況としては、おおむね酒を飲んだときのほろ酔い気分に似た多幸感がある状態になるようです。

流れ

笑気麻酔は笑気吸入装置で30%以下の低濃度笑気と70%以上の酸素を混合し、専用の鼻マスクを用いて患者さんに鼻から吸引してもらいます。

笑気の臭いはほのかに甘い香りで、違和感無く気持ちよく吸入できます。吸入後、5分以内に鎮静状態に到達します。また、血中からの排泄も非常に速いので、治療終了後は数十分で帰宅することができます。

静脈内鎮静

効果

静脈内鎮静

①不安や恐怖心が薄れ、リラックスして治療を受けることができます。

②血圧や脈拍が安定します。処置中は自動血圧計などを使って、患者さんの状態を常に監視していますので、お体の病気が気がかりな方も安心して治療を受けることができます。

③健忘(けんぼう)効果があるため、実際よりも処置時間が短く感じられます。処置を終えた患者さんからは、「もう終わったの?」、「気づいたら終わっていた」という声がかれることも少なくありません 。

④通常の歯科治療と同じように、処置をする部分に対しては、痛み止めが必要ですが、それ自体を覚えていない方もいるほど、痛みも軽く楽に受けることができます。

⑤点滴をしているので、患者さんの急な異常変化に即座に対応することができます。

⑥異常嘔吐反射、つまりお口の奥に器具が入ると “ オエッ ” と吐きっぽくなる方にも有効です。

静脈内鎮静法の流れ

■ 処置当日までに

あらかじめ、全身の健康状態についてお話をうかがいます。高血圧症や糖尿病などの全身的な病気をおもちの方では、必要に応じて内科主治医の先生に現在の状態やお薬の内容などをお聞きします。

■ 処置当日

①歯科麻酔科医が、お体の状態について簡単にお話をうかがいます。心配なことがあれば、何でもお聞きください。

②血圧や呼吸を監視する簡単なモニターをつけます。家庭用の自動血圧計とほぼ同じものと考えてください。

③点滴から少しずつお薬を入れます。

④お薬の効果を確認して、必要に応じてお口の中に痛み止めをします。

⑤終了後、眠気、ふらつきがなくなるまでお休みいただきます。

厳守していただきたいこと

①風邪などで体調がすぐれない場合には、事前に連絡してください。

②処置当日は、処置開始4時間前から飲んだり、食べたりできません。 これは、処置中に嘔吐した場合、吐物が気管へ流れ込むのを防ぐためです。必ず守ってください 。

③処置当日は、締めつけの少ない楽な服装でおいでください。 モニターの誤作動の原因になりますので、ストッキングの着用は避けて ください。また、全身状態を正確に把握するために、化粧、マニュキュアは落としてください。コンタクトレンズは、処置中は外してください 。

④帰宅の際、自動車、バイク、自転車などのご自身での運転は避けてくだ さい。公共交通機関をお使いいただくか、もしくは付き添いの方による送迎をお願いします 。

⑤帰宅後、再び眠気やふらつきが出ることがあります。その場合は、無理はせずに横になってお休みください。

日本歯科麻酔学会認定医によるリラックス歯科