初診の方

再診の方

三軒茶屋の歯科 口コミ・評判の歯医者
ドクターズファイル
ボックスのボトム

子供(赤ちゃん、幼児)の虫歯

子供の虫歯

乳歯と永久歯の違い

乳歯の特徴は形と構造です。乳歯は永久歯と比べ、歯の中の神経を守る役目のあるエナメル質と象牙質がとても薄いのです。そのため少しの虫歯でも神経を抜く処置が必要な場合が多いです。又、乳歯のエナメル質は構造的に弱く、抵抗力が小さいので、一度虫歯になると、大人の歯(永久歯)よりも早い速度で虫歯が進行してしまいます。ですから、小さい虫歯でも中にすり鉢状に広がっている場合も多いです。

子供と大人の歯の違い

永久歯、乳歯とも生えかけが一番虫歯になり易い時期なので定期的に 来院されることをお勧めします。

初期虫歯:C0

この段階であれば基本的に削ったりはせずに、再石灰化を期待したフッ素処置を行います。 その後は定期的に経過を観察させていただきます。

進行性の虫歯:C1/C2

 この段階であれば虫歯治療(詰め物・被せ物)をします。 初めてのお子様や慣れていないお子様にはトレーニングを行ってから治療を行いますので 治癒までは時間がかかります。しかしながら、スムーズな導入には欠かせない時期なのでご理解ご協力お願いいたします。

高度進行性の虫歯:C3

出来るだけ神経を残すようには心がけていますが、ここまで虫歯が進むと神経の処置をしなくてはいけません。神経の治療は 1 回の時間もかかりますし、治療回数もかかります。乳歯の神経の処置をした歯は処置していない歯に比べ生えかわりが早くなったり、膿がたまりやすくなってしまい将来の歯並びに影響を及ぼすことがあります。

重度の虫歯:C4

この段階の虫歯は抜歯をしなくてはならないことがほとんどですが、抜かなくて済むケースもありますのでご相談ください。

虫歯になりやすい状態・環境

糖の摂取量・回数

1:糖の摂取量・回数

おやつやジュースの取り方で一番虫歯になりやすいのは回数や時間の多い場合です。

同じお砂糖の量でも一度に摂取する場合よりもだらだら取るほうがはるかに虫歯になりやすくなります。そのため、あめやガム、グミやハイチュー、ペットボトル入りのジュース・スポーツドリンクは、だらだら食べになりやすいため、虫歯になりやすいと考えられています

<アドバイス>

もともと、小さなお子さまは胃が小さいため、三度の食事では、栄養が不足になりがちで、間食(おやつ)は必要です。理想的には 10 時と 3 時などに時間を決めて、椅子に座ってお皿に乗ったおやつを食べるようにしましょう。

<オススメおやつ>

・フルーツ
・チーズ
・ヨーグルト
・するめ
・ゼリー
・キシリトールガム

砂糖が少なく、お口の中にある時間が少ない物がおすすめです。

虫歯になりやすい状態・環境

2:歯磨きが嫌いなお子様

もちろん歯を磨かなければ虫歯になります。小さい頃から歯磨きの習慣をつけましょう。

<アドバイス>

①磨きのスタート時期について

0 歳 6 か月ころに歯が萌え始めます。基本的には歯が萌えたら歯ブラシで歯を磨いてあげてください。 1 歳以下で虫歯になることはほとんどありませんが、虫歯になりやすいところは、歯と歯の間や歯の溝などガーゼなどでは落ちにくい場所です。 1 日1 ~2日は磨いてあげてください。

早すぎるということは基本的にありませんので、わからないことはお聞きください。

②母乳・ミルクについて

虫歯の予防だけで考えると、 1 歳 6 か月までに、母乳・ミルクは卒業することが重要です。過去の多くの研究で、 1 歳 6 カ月以降の授乳により虫歯が急増すると報告されています。哺乳瓶齲蝕といって、上の前歯 6 本ほど外側に進行した虫歯ができますのでできるだけ口腔内を拭ったり、磨いたりしてください。

③歯磨きが苦手な場合

3 歳以下のお子さんのほとんどは、歯ブラシが大嫌いです。とくに 2 歳前後に嫌がるピークがあります。ただ、歯磨きをしないと虫歯になってしまう可能性がありますので、 1 日 1 回は抑えてでもきちんと磨いてください。どんなに嫌がるお子さんでも毎日続けていれば、遅くても 3 歳半くらいには、きちとんとできるようになります。できる限り小学生高学年までは仕上げ磨きや検査をしてあげてください。

虫歯になりやすい状態・環境

3:家族に虫歯がある人がいる。

生まれたての赤ちゃんのお口の中に虫歯の菌はいません。 お母様や周囲の方の唾液などを介し、徐々に感染していくのです。

感染の窓といわれる生後1才7ヶ月~2才7ヶ月(乳歯の生えそろうころ)が最も注意が必要です。この時期を乗り切れば、虫歯になりにくいお口の環境になります。お箸を共用したり家族の唾液が触れたものが赤ちゃんのお口に入らないよう気をつけて下さい。


4:歯並び

乳歯列期は基本的に歯と歯の間はすいています。この時点でガタガタだったり、混合歯列期でガタガタの場合は清掃がしづらい為虫歯になりやすいです。

定期的な検査と矯正によって健康な大人の歯へ誘導します。